単身で永住権をとるのに、一番大切なのはワークパーミット【事実】

こんにちは、ゆうです(Yu_in_canada)。

今回は単身で永住権を取る上で何が最も大切かというお話をします。

それはワークパーミットです。

ゆう
ゆう
英語コアラ
英語コアラ
ワークパーミットってなにー?

単身で永住権をとるのに、一番大切なのはワークパーミット

ワークパーミットとは?

ワークパーミットとは就労許可証のことです。

この就労許可証がないとその国で合法的に働くことができません。

ゆう
ゆう

では僕達が取れるワークパーミットとはどのようなものがあるのでしょうか?

ワーキングホリデービザ

一番有名、且つもっとも簡単に取得できるワークパーミットは

ワーキングホリデービザです。

ワーキングホリデービザはオープンワークパーミットと言われる種類の就労許可証です。

ゆう
ゆう

これほど簡単に取得できるワークパーミットは他にありません。

ワーキングホリデービザの場合、申請の制限がそもそも少なく、

年齢などの一定の条件を満たしていれば誰でも取得することができます

日本ではワーホリというと”遊び”といったイメージがぬぐえませんが、

日本人以外の方と話していると、

ワーキングホリデービザがどれほど恵まれたビザか分かります。

ワーキングホリデービザの制度がない国から来た人たちは、それこそ命がけで就労ビザをゲットしています。

それが僕たち日本人には申請するだけでとれてしまうのですから、使わない手はないと思います。

ゆう
ゆう

しかもワーホリから永住権につなげることもできるので、

日本の将来に不安があって、海外移住したいと思われている方は

このチャンスを逃すのは惜しいと思います。

30歳を超えた方で、永住権を考えていて、

でももうワーホリという就労ビザが使えないので、

学校に入りなおして学生ビザからやるという方も多くいます。

英語コアラ
英語コアラ
なるほどー、僕もワーホリをうまく活用してみようかなー。。

永住権について、ワーホリ前に知っておけばよかったとおもうこと【本音】

 

ポストグラデュエートビザ

ポストグラデュエートビザは一定の期間、現地の学校に通った後に発行されるビザです。

このビザがあれば、ワーホリビザと同様に、合法的にカナダで働くことができます。

ゆう
ゆう

ですが当然ながら、このポストグラデュエートビザを取るためには、

学校に通う必要があります。つまり学費と学校に通うための期間がかかります。

もちろんその勉強した分野で学位などを得られるというメリットもありますが、

資金的に余裕がない人はそもそも選ぶのが難しいビザでもあります

配偶者ビザ

結婚している方であれば、配偶者の方が現地で学校(カレッジなど)に通われている場合、

就労許可証を申請できるというものです。

ゆう
ゆう

ただこのビザを取得するためには、配偶者がいることが前提で

その方がカナダで学校に通っていないといけないということもあり

条件が満たせる方しかできない方法でもあります

英語コアラ
英語コアラ
たしかに、配偶者ビザを取得するためには、夫婦でカナダに来ていないといけないし、資金的にも少しリスクがあるよねー。。

資金面やかかる期間で考えてもワーホリが一番オススメ

資金的に考えると、ワーキングホリデービザが一番おすすめです。

ワーホリ申請にかかる資金は、

学生ビザで払う学費に比べれば、微々たるものです。

ゆう
ゆう

ポストグラデュエートビザの場合だと、学校に通っている間

アルバイトなどはできますが、念のため収入なしで考えておいた方がいいので

 ポストグラデュエートビザを目指す場合は資金的にかなり余裕が必要になります。

配偶者ビザの場合は一番のネックはやはり結婚している人で、

パートナーの合意を得られる人しかできない点です。

うまく配偶者ビザが取れたとしても、

奥さんもしくは旦那さんが学校に通っている状態(学費がかかる状態)になるので、

2人分の生活を保つためにも

こちらも確実に資金的に余裕が必要です

以上のことから単身で永住権を取る場合には、

まずはワーホリビザをうまく使うことがカギであることが分かっていただけたかと思います。

ゆう
ゆう

もちろん資金的に余裕がある方はポストグラデュエートビザや

パートナーの同意が得られる方は配偶者ビザでもOKですが、

要はポストグラデュエートにしても配偶者ビザにしても

まずはワーホリビザからチャレンジしたほうがお得だということです

そしてこれはカナダに限ったことではなく、

ワーキングホリデービザが取得できる国では可能な方法です。

ですが現状の移民政策を見ても、

カナダが一番可能性があるという方が多いです。

つまりなるべくワーホリを無駄に使わないようにすることが

永住権を単身で取得するのに一番大切になってきます

 

ワーキングホリデーを無駄にしないための方法【必読】

 

この記事を読んでくださっている方の中でまだワーホリに申請できるチャンスがある方は

是非その価値を知ってもらって、

語学学校や旅行に使うのではなく、

できれば就労ビザや永住権につなげて欲しいなと思います。

あなたの海外移住を応援しています!!

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、ゆうです! 現在カナダに暮らしています( ワーホリ→ワーク→永住権取得2017年) 英語とヨガ、オーガニックが大好きです! 何か質問等ございましたら、いつでも連絡ください!