ワーホリするにはどの国がいいの!?【もう迷わない3つの基準】

こんにちは、ゆうです(Yu_in_canada)。

これからワーホリに行く方にとって、一番悩まれるのは、どの国を選ぶかではないでしょうか?

ゆう
ゆう

人気のオーストラリアやカナダ、またニュージーランドやイギリスなど様々な選択肢があります。

将来を左右するかもしれない国選びなので、なかなか簡単に決められないですよね。

例えば、僕の場合、もともとワーホリに行きたい国は実はカナダではありませんでした。

ですが総合的に判断してカナダを選択しました。

ゆう
ゆう

 

カナダでのワーホリをオススメする理由

 

では、これから国選びをされるあなたに、参考にしてもらいたい3つの基準をお伝えします。

 

ワーホリでどの国に行くかを選ぶ基準

ワーホリに行く前にチェックしてほしいこと

あなたがなにを目指しているのかを把握する

あなたがなにを一番にやりたいことは?

英語力を向上させたい

海外でとにかく働いてみたい

ビザを延長したい、永住権をとりたい、

日本を出てリフレッシュや旅をしてみたい

 

もちろん、今言ったことはどの国でもやろうと思えばできますよね。

ですがもっと細かく比較してみると、例えば、ワーホリのあと、

ワークビザへ延長してできることなら永住権を目指したいという方であれば、

永住権のルールを毎年厳しくしている国に行くことは得策でないですよね?

ゆう
ゆう

つまり、どこの国かでまず選ぶよりも、

自分がワーホリのなかでなにを一番したいと思っているかをまずワーホリの国を選ぶ前に決めてみてください

国を先に選んでしまうと、あとから後悔することもあります。

英語コアラ
英語コアラ
なるほど、まずは何がしたいかを決めてそれにあった国を選ぶことが大事なんだね。

その国があなたのやりたいことを評価してくれる国かどうか

あなたが特定の仕事に興味や経験がある場合、

その分野に力をいれている国かどうかというのも一つの選ぶポイントになります。

その国が特定の職業のスキルがあるひとを求めていると提示してる場合は、

その国に行く方が現地就職のチャンスも大きくなります。

ゆう
ゆう

例えばカナダの場合だと、いまIT人材が不足しています。

ITスキルがあるひとなら、ワーホリから就労ビザがおりるチャンスもありますね。

 

物価とあなたの予算を考慮して検討する

ワーホリは就労が可能なビザなのでもちろん入国したあとに、稼ぐことは可能です。

ただ、もしワーキングホリデーで入国して、語学学校に数ヶ月通いたいと思われている方や、

ワーホリ中に旅行をしたいと考えられている方は、予算とその行きたい国の物価を検討しなければいけません。

ゆう
ゆう

 

物価が高い国に行って、収入がない状態で学校に通ったり、旅行に行ったりすると、想像以上にお金は出ていきます。

 

ワーキングホリデーを無駄にしないための方法!!

 

またワーホリは国によって仕事を見つけても一年ストレートで働けなかったりします。

(オーストラリアでは同じ雇用主の元で働ける期間は6ヶ月以内です)

 

オーストラリアとカナダ比較してみた【2カ国とも滞在経験あり】

 

ですので、予算に余裕があるかどうか、またはその国の物価がどれくらいなのかを先に検討してみてくださいね。

まとめると、

自分がワーホリ中に何が一番したいのかを決める

その国があなたのやりたいことを評価してくれるか

物価と資金から見て生活できる国かの3点です。

 

どの国を選ばれるにしても、あなたのワーホリ経験がより良いものになりますように!

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、ゆうです! 現在カナダに暮らしています( ワーホリ→ワーク→永住権取得2017年) 英語とヨガ、オーガニックが大好きです! 何か質問等ございましたら、いつでも連絡ください!