ワーキングホリデーを無駄にしないための方法【必読】

こんにちは、ゆうです(Yu_in_canada)。今回はワーホリビザを無駄にしないための方法を紹介するね。
ゆう
ゆう
英語コアラ
英語コアラ
お、今回はワーホリの話だね。

実際のワーホリメイカーを見ていると、帰国直前になって「もっとうまくつかっておけばよかった」、

「もう一回最初からやり直したい」という人が多いのが現状。

なので、今回はワーホリに来る前の方に向けてお話しします。

ワーキングホリデーを無駄にしないための方法

ワーホリの現状

ワーキングホリデービザで海外に渡れば、基本的に、学校に行っても働いても旅をしてもいいわけです。

ですが、ワーホリ中に数ヶ月語学学校に行き、卒業後、

これからどうしよう??となっている方をよく見かけます。

ゆう
ゆう
英語コアラ
英語コアラ
なるほど、日本にいるうちから学校までは決めているけど、卒業と同時にどうしたらいいの?ってなるわけだね。
うん、それもあるんだけど、もう1つ言えることがあるとしたら、そもそもワーホリ期間中に学校に通うかどうかなんだ。
ゆう
ゆう

ワーホリ中に語学学校に行くと、当たり前ですが、その分ビザの残り日数が減ります。

ワーホリの現状

ワーホリの最初の3、4ヶ月を学校に使う

残り7、8ヶ月しか働ける期間がない

ビザがそれだけしかない人を雇うのは雇用主としてもコスパが悪い

そうなると数ヶ月でも雇ってもらえるジャパレスへ

結果日本人のつながりができて英語を話さない

英語コアラ
英語コアラ
なるほど、学校に時間をかけた分、いざ働こうとしたら、それがネックになるわけだね。
そうだよ、オーナーとしてもビザの残りが長い人を採用したいよね。短期で雇っては辞めを繰り返されたら教える時間と労力が無駄になるからね。
ゆう
ゆう

さらにリアルなことを言うと、この時点で学費や家賃、もろもろの海外生活の出費がかさんでくるので、

貯金がたくさんある人を除けば、少し苦しくなってきます。

そんな状態で仕事がなかなか見つからないと辛くなって、とりあえずつけるジャパレスに流れるという感じです。

でも原点に立ち返れば、

英語力をせっかく伸ばすためにワーホリに来たのに、それじゃ、もったいなくないですか?

ゆう
ゆう

 

ワーホリにエージェントは必要か?【経験談】

ワーホリをフルに活かす方法

英語コアラ
英語コアラ
じゃあどうしたらいいんだろう?

もしあなたが語学学校に通いたい、

でもフルにワーホリを活かして働きたいと思われている場合は、

最初は学生ビザをとって、学校に通い、

そのあと、ワーホリに切り替えて、まるまる1年を仕事にあてるという方法があります。

また観光ビザを使うという方法もあります。

僕もワーホリの期間に学校に通ってはいません。そのおかげで、カナダに着いて1週間以内に現地企業で仕事が見つかりました。
ゆう
ゆう

おなじワーホリでも働ける期間が長い方が当たり前ですが採用されやすくなります。

 

必見!!カナダワーホリの滞在を伸ばす裏技【ワーホビビザを無駄にしない方法】

 

ただ、勘違いしないでほしいのは、これはあくまでカナダで長期的に働きたい、または就労ビザに延長したい、もしくは永住権をとりたいという人へのアドバイス。
ゆう
ゆう
もしあなたがワーホリは1年だけでいい、そのあとは日本に帰って、何かすることがあるなんて場合は語学学校にできるだけ長く通って旅行してっていうパターンもあるよ。
ゆう
ゆう
英語コアラ
英語コアラ
なるほど、でもどうせ海外に行くなら、なるべく長くいたいよねー。

ワーホリで渡航する前に、したいことは何かをしっかり決めること。

ワーホリで渡航し、語学学校やエージェントに入ると、

同じようにワーホリで来ている日本人も多くいます。

その人たちとおなじように行動していると、

「あれ?私、なにしにきたんだっけ?ビザ、もう残りがないや。。」となりかねません。

なので、最初からできるだけ具体的な目標を持って
それをクリアしていくようなプランニングで渡航した方が良いです。
ゆう
ゆう

 

ワーホリしても英語力が伸びないひとの特徴2つ【対策紹介】

 

ワーホリは行く前から始まっている

日本にいるうちから準備をしておいたほうが、ワーホリに来たあと、間違いなく役に立ちます。

例えば英語力をあげる、レジュメを作り上げておくなど。

 

英語で履歴書を作るには?知っておきたいポイントまとめてみた

 

また事前にあなたがワーホリに行きたい国でブログで情報発信をしている人にコンタクトしてみたり、

すでにワークビザや永住権をとってる人に事前に話しを伺うことで、ワーホリから次のビザにどういう方法で繋げるかを知ることができます。

ここでシャイになっては損です、だって、ワーホリは時間との戦いですから。

 

ワーホリビザは実はすごいビザである

そんな僕もワーホリを利用した一人です。

ワーホリっていうと日本ではよく帰国したときに不利になるなど言われて、ネガティヴなイメージも強いかもしれませんが、使い方によっては、これほど便利なものはありません。

ゆう
ゆう

特にワークビザや永住権を狙いたいひとにとっては、ワーホリビザは非常に貴重なビザです。

もしワーホリという制度がなかったら、ワークビザをいきなり取得するか(そうとう難しい)

もしくは現地で学校に通い、卒業してからもらえるポスグラビザ( Post graduate visa)くらいしか海外で働く方法はありません。(細かく言えば国ごとにまだ様々ありますがここではざっくりお伝えしています)

しかしワーホリビザはとろうと思えばすぐとれる上に、オープンワークパーミットなので、転職も可能なビザです。

ワーホリは実はすごいビザなのです。

 

これからワーホリで海外に行こうと考えている人は、なるべくまず事前にプランを立ててみてください。

 

あなたのワーホリ経験が実りあるものになりますように!

 

私は移民コンサルではありませんが、経験からご相談にのることもできるで、なにかあれば、ご連絡くださいね!

 

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、ゆうです! 現在カナダに暮らしています( ワーホリ→ワーク→永住権取得2017年) 英語とヨガ、オーガニックが大好きです! 何か質問等ございましたら、いつでも連絡ください!