アメリカ大学留学をおすすめできない2つの理由【体験談】

こんにちは、ゆうです(Yu_in_canada)。今回はアメリカで実際1年留学をしていた僕がなぜアメリカでの大学留学をおすすめできないかを説明します。
ゆう
ゆう

アメリカでの大学留学をおすすめできない理由

アメリカでは就労ビザをもらえる可能性が極めて低い

英語コアラ
英語コアラ
アメリカの就労ビザってどんなものなの?
アメリカに留学したことがある人は一度は聞いたことがあるかもしれないけど、H-1B Visa という3年間就労が可能なビザがあるよ。このビザは延長することもできるよ。(最長で6年滞在が可能)
ゆう
ゆう

 

この就労ビザを申請するには条件があります。

4年生の大学を卒業していること (Bachelor以上の学位保持者)

職務が求める分野と直接関係のある学位を持っていること

ジョブフォアーをもらっていること (雇用主が確定している)

 

英語コアラ
英語コアラ
条件が多いんだね。しかもちょっと難しそう?

そうなんだよ。一番ネックになるのは、卒業した学位を持つフィールドと職務が求める分野が一致してないといけないかな。
逆を言えば、その関連性がつけれない仕事は申請すらできないということになるね。
ゆう
ゆう

さらにいうと、関連性がつけられる仕事があったとしてもジョブオファーをもらう必要があるから、相当ハードルが高くなるよね。
ゆう
ゆう

 

実際のデータを見てみると、

去年は約19万人前後の人がこのH-1B Visaに申請を出しています。(毎年4月1日に受付を開始)

そして発給枠は85,000人分しかありません

英語コアラ
英語コアラ
え!?85,000人分しか枠がないの?
そうだよ、抽選はランダムに行われているけど、二回にわかれていて、

一度目に20,000人、二度目に65,000人を選ぶシステムになっているよ。

ゆう
ゆう

最初の20,000人の枠は大学院卒業以上(マスター及びドクター保有者)から選ばれるようになっています。

その枠だけでも去年でも3〜4倍の申請者が応募している状態。

 

その一度目の抽選で選ばれなかったマスターDegree以上を保有している人と、

Bachelorのみを保有している人が足されて、二度目の抽選にかけられます

英語コアラ
英語コアラ
思ってたよりキツそうだね。。

高い学費

さらにネックになるのが、学費。

英語圏のなかでもとりわけ高いアメリカの大学、大学院の学費を払って、

理系の大学院をでても、それでもH-1B Visaはなお、抽選制度

英語コアラ
英語コアラ
あちゃー。高い学費をかけても就労ビザが確実にとれるわけじゃないんだね。。

アメリカ留学後に働きたいなら理系留学がおすすめ

 

英語コアラ
英語コアラ
それでもアメリカでどうしても卒業後に働きたいという場合に何かオススメの方法はある?
工学や医学、ITなどの理系留学がおすすめだよ。
ゆう
ゆう
英語コアラ
英語コアラ
なんでなの?
理由はOPTができる期間が違うから。OPTとはOptional Practical Trainingの略で要は、学生ビザで就学しているときに、この制度を使えば企業などで働くことができるというものだよ。普通の就労ビザより簡単に取得することができるよ。一般的に期間は12ヶ月。
ゆう
ゆう
OPTを使って、頑張って働いて、企業で認められれば スポンサーになってもらうこともできるね。
ゆう
ゆう
英語コアラ
英語コアラ
でもOPTができるのは、一般的に期間は12ヶ月だけなんだよね?
文系の場合OPTは12ヶ月しかもらえないけど、理系の場合( STEMなど)は24ヶ月の延長が申請できるので、最長36ヶ月もらえるんだよ。

(STEMとはScience, Technology, engineering and Mathematicsの略だよ。)

ゆう
ゆう

 

文系だと12ヶ月しかないので一度しかH-1Bビザに申請できませんが、

36ヶ月ある理系の場合3回申請することができ、大変有利になります。

どうしてもアメリカで卒業後に働きたいという方は、理系留学を目指してみてください。

さらにH-1B Visaの抽選の確率をあげたいなら、理系で大学院を修了しているとより有利になるね。
ゆう
ゆう

 

長期留学に不可欠な5つのツール【要確認】

 

英語コアラ
英語コアラ
なるほど、じゃあアメリカに留学したいと思っている人は、留学だけで良いのか、

それともそのあとアメリカで働きたいのか考えてから留学したほうがいいってことだね。

その通り。僕は大学時代の1年の留学でそのことに気づいたから、

あえて国を変えてカナダに変えたんだよ。

ゆう
ゆう

 

カナダの大学へ進学するのがオススメな5つの理由【事実】

 

高い学費を払って、海外の大学を卒業するからには、

それを無駄にせずに、うまく次に繋げられるような国選びをしたいですね。

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、ゆうです! 現在カナダに暮らしています( ワーホリ→ワーク→永住権取得2017年) 英語とヨガ、オーガニックが大好きです! 何か質問等ございましたら、いつでも連絡ください!