僕が最終的にオーストラリアではなくカナダを選んだ理由【決断】

こんにちは、ゆうです(Yu_in_canada )

今回が僕がカナダに来た理由をお伝えします。

ゆう
ゆう
英語コアラ
英語コアラ
なんでオーストラリアじゃなくてカナダにしたのー?

オーストラリアではなくカナダを選んだ理由

僕がカナダに来た理由

僕は2013年の7月にカナダに来ました。

本音を言えば、それまではオーストラリアに行きたかったのです。

ゆう
ゆう

理由は僕が高校生のころオーストラリアに留学をしていたから。

海やビーチも大好きでオーストラリアにワーホリに行くものだと思っていました。

そして2012年のクリスマスに、オーストラリアをまた旅行で訪れることになったのですが、

現実はいろいろ違っていたのです。。

訛りがすごい

オーストラリア英語の訛りやスラングは正直想像以上でした。

僕はその時北米英語のリスニングはまったく問題なかったのですが、

アメリカやカナダで経験したような、英語が耳にすっと入ってくると言う感覚がオーストラリアでは全くありませんでした。

ゆう
ゆう

オージー英語 (オーストラリア英語 ) はイギリス英語に近い訛りがあり、

北米英語に比べると、ブツブツと切れながら聞こえる感じ。

あと同じ単語でも発音が極端に違います。

例えばa(エイ)がアイと発音されるので、okayが「オッカイ」のように聞こえます

英語コアラ
英語コアラ
へー、オーストラリア英語には訛りがあるんだね。

そこにオージースラングが大量に入ってきて、耳が大パニックになりました。

差別的な発言

オーストラリアでは、日本人に対して卵殴られたり、暴言を吐かれたり、

差別があるとは聞いたことがありましたが、

正直まぁ大丈夫だろうと思っていました。

ゆう
ゆう

ある日、僕が友達と歩いていると、2人組の男からすれ違いざまに、

まあまあの差別発言をされました。Jからはじまるやつですね。

英語が全く理解できてなかったら逆によかったなと思う位で、

今まで海外でそんな経験したことがなかったので、驚きました。

その時は1週間のオーストラリア滞在だったのですが、

正直このオーストラリアを下見したことが、僕をより悩ませることになりました。

ゆう
ゆう

一番気にしたのはやはり英語の発音があまりにも違ったということ。

自分が北米英語の発音がめちゃくちゃ好きなあまり、それがきっかけで英語が好きになったのに、これでは英語が苦手になりかねないなというのが最大の不安要素でした。。
ゆう
ゆう

旅行から帰ったあと、アメリカ人の友達にそのときのことをスカイプで相談し、

彼らもオージーが話していることは聞き取れないと言われて、ハッとしました。

そしてオーストラリアのワーホリを調べていると、

1つの雇用主のもとで6カ月以上働けないと言うルールもあることを知ったり、

物価の高さも気になりました。

当時はそこまで資金があったわけでもなかったので。

もしかしたらオーストラリアはすごく好きだけど、旅行で来れるのかなぁと思うようになりました。

英語コアラ
英語コアラ
なるほどねー、いろいろ考えた結果だったんだね。

そして最終的に僕の背中を押したのが友達に言われたこの言葉。

自分が興味ある国に行くのも大切だけど、自分を受け入れてくれる国に行くのも同じくらい大事だよ」

そのときはまさかカナダで永住権が取れるとわかっていたわけでもなかったですが、

でもなぜかカナダなら受け入れてもらえそうな気がしたのです。

カナダに決めた理由

僕がカナダを決めた理由は、アメリカに留学していたこともあって、北米英語の響きが好きだったこと。
ゆう
ゆう

そして留学していたのがシアトルがあるワシントン州だったので、バンクーバーにも何度か旅行に行ったことがあって

住みやすいのは知っていたからでした

あとカナダで留学やワーホリから帰ってきた先輩や友達がみんなカナダに戻りたいと口を揃えていっていたり

英語力がめちゃくちゃ伸びて帰ってきていたのを知っていたからでした。

 

カナダの大学へ進学するのがオススメな5つの理由【事実】

 

カナダでのそれから

たいしたスキルもない僕が幸運にも素晴らしい雇用主に出会って、

まさか永住権まで取れて、今は当時から自分が夢見ていた現地企業で働いています。

ゆう
ゆう

幸いなことにカナダでは1回も差別的なことを受けたこともなく、

カナダ英語もカナダ人もめちゃくちゃ好きですし、今こうやって副業的なことをやるような余裕もできました。

永住権と言うと、ほとんどの人が、外国人と結婚したり、

もしくはすごいスキルがあってすごくレベルが高い人だけにしか無理、

と思われているかもしれませんが、僕はどちらでもないのに永住権が取れたので、

誰にでもチャンスはあります。

これからは僕のカナダでのビザ関係の記事も書いていきたいと思います。

オーストラリアとカナダのどちらに留学やワーホリに行くか悩んでいる方は、

ここは譲れないなと言うようなところを基準にして決められたらいいかなと思います。

ゆう
ゆう

僕の場合は最後は英語基準で決めました。

ワーホリだけでそのあと日本に帰ると決めている場合は本当に好きな国でいいと思いますし、

その後就労ビザや永住権をとりたいという方はカナダの方がとりやすいと思います。

それは国の移民政策を見ればわかります。

 

オーストラリアとカナダ比較してみた【2国とも滞在経験あり】

 

でもいまでもオーストラリアは好きですし、年に1回くらいは旅行に行くつもりです。

決してどちらの国が良い、悪いなんてことはなくて

どちらの国も今でも大好きです。

カナダやオーストラリアでのワーホリや留学記事もアップしていくので、

続きもお楽しみに!

 

僕が人生で達成したい5つのこと

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、ゆうです! 現在カナダに暮らしています( ワーホリ→ワーク→永住権取得2017年) 英語とヨガ、オーガニックが大好きです! 何か質問等ございましたら、いつでも連絡ください!