カナダに来る前に知っておきたいお金の豆知識【意外と知らない】

こんにちは、ゆうです(Yu_in_canada)。

今回はカナダで働きたい方にとって大切なお金の豆知識をご紹介します。

ゆう
ゆう
英語コアラ
英語コアラ
おー、気になるトピックだねー!!

カナダに来る前に知っておきたいお金の豆知識

カナダには1円が存在しない

(左から5セント、10セント、25セント、1ドル、2ドルです)

カナダでワーホリをしたい方の中には、現地のカフェやレストランで働きたいと思われてる人も多いはず。

そんなお金を扱う人にとっては知っておくべき情報をお伝えします。

ゆう
ゆう

カナダには1円玉が存在していません。

英語コアラ
英語コアラ
え?!カナダには1円玉がないの?!

実は前まではあったのですが既に廃止されています。

なのでもしあなたがカナダで仕事をゲットし、レジを担当することになった場合、

この1円単位の計算には注意しないといけません。

1円、2円は切り捨てる

例えばあなたが商品をスキャンして合計額が

$5.02 だったとします。

この場合1円が存在しないカナダではどうすると思いますか?

ゆう
ゆう

正解は$5として計算します。

つまり切り捨てるわけですね。

$5.01→ $5

$5.02→$5

3円、4円は切り上げ

今度は合計額が$5.03だった場合です。

この場合は$5.05として計算します。

$5.03→$5.05

$5.04→$5.05

英語コアラ
英語コアラ
切り上げる時は、少し損してることになるんだねー。。

お釣りを返す時も気をつけましょう。

例えば$2.97の合計で$3受け取った場合は、

5セント返すことになりますが、

$2.98だった場合はお釣りは返さないことになりますね。

この切り上げや切り捨ては慣れるまで意外と時間がかかるので

気をつけましょう

チップの扱い方

先ほどと同じようにレジで働いていて、

$3のコーヒーを売り、$5受け取ったとしますね。

「お釣りはいいから」と言われることがよくあります。

これは$2分がチップということになるのですが

これをそのままレジに入れてしまうと後になって売り上げが合わなくなります。

働かれているカフェやレストランによって違いますが、

ほとんどの場合は受け取ったチップは “Tip Jar “ (チップを入れる瓶)が

あるのでどれだけ忙しくても、チップと実際の売上は分けるようにしておきましょう

ちなみにカフェなどでは従業員全体で分けることが多いですが、

担当するテーブルがあるレストランなどではそれぞれがもらえる場合もあります。

ゆう
ゆう

 

カナダでのチップの払い方【保存版】

 

アメリカンドルの扱い方

アメリカと国境を接している地域などでは

アメリカから多くの観光客が訪れます。

アメリカンドルはカナダの中でも使うことができます。

もちろんレートは悪くなりますが、アメリカドルだからといって

受け取らないということはありません。

ゆう
ゆう

ですがカナダドルはアメリカに行っても受け取ってもらえません。

なのでアメリカに少しでも用があって入国する場合は、

事前に US ドルをある程度現金で持って行くことをお勧めします。

英語コアラ
英語コアラ
なんかフェアじゃないねー。。

5セントや10セントコインは銀行でデポジットできる

カフェやレストランで働いていると、

チップをもらうので意外と5セントや10セントコインなどが貯まってきます。

ですが日常生活の中では、5セントや10セントコインを使う事ってほとんどないんですね。
ゆう
ゆう

そうなった時にどうするかと言うと、

コインラッパーと呼ばれるコインを一定枚数包める筒が売っていますので

それを買って銀行に持っていくと

デポジット(入金)もしくはお札などに変えてくれます

以上がカナダに来る前に知っておきたいお金の豆知識です。

参考にしてくださいね。

長期留学でお金を節約する裏技【必読】

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、ゆうです! 現在カナダに暮らしています( ワーホリ→ワーク→永住権取得2017年) 英語とヨガ、オーガニックが大好きです! 何か質問等ございましたら、いつでも連絡ください!