IELTS(アイエルツ)の準備編【海外移住を考えている方へ】

こんにちは、ゆうです(Yu_in_canada)。

今回は海外移住を考えていらっしゃる方へ、IELTS (アイエルツ)試験の準備の仕方についてお伝えします。

ゆう
ゆう
英語コアラ
英語コアラ
アイエルツ、僕受けたことないんだよねー、どんな試験なのー?

IELTS(アイエルツ)の準備編【海外移住を考えている方へ】

IELTS(アイエルツ)とは?

IELTS official website

IELTS とはInternational English Language Testing Systemの略で、

IELTSには2種類のモジュールがあります。

Academic Module (アカデミックモジュール)

留学の際に必要になるもので、大学やコースによって入学に必要なスコアは変わってきます。

以前はオーストラリア、ニュージーランド、イギリスといったブリティッシュイングリッシュをメインで話す国への留学の際にIELTSがよく使われていましたが、いまではアメリカ、カナダ留学でもIETLSのAcademic モジュールのスコアを求められるケースも増えています。
ゆう
ゆう

 

General Module(ジェネラルモジュール)

移民を申請する際に、このジェネラルモジュールのスコアを提出することになります。

一概にこのスコアをクリアすればOKというものではなく、どのストリームから申請するかによっても、

必要になるスコアは変わってきますし、もちろん国によっても違います。

ただ僕がカナダ永住権に必要だったIELTSのスコアは決して高いものではなかったです。

逆にオーストラリアの移民に必要なIELTSのスコアは高く、IELTSでスコアが取れなくて移民ができなかった方も割といるようです。

ゆう
ゆう

IELTSの構成

IELTSは、リスニング(40問)、リーディング(40問)、ライティング(2タスク)、スピーキング(3パート)から成り立っています。

各セクション1〜9まで0.5点刻みでスコアが出ます。

総合的な得点はそれぞれのセクションのスコアを平均してだされ、

テストスコアの有効期間は2年です

受験料は日本円で24,675円。英語の資格試験のなかでは高めなテストですよね。

なので何度も何度もTOEICのように受けられる試験ではないので、なるべく一発で狙ったスコアをとりたいですね。

ゆう
ゆう

ちなみに移民に必要になるGeneral モジュールは、

留学に必要になるAcademic モジュールよりレベルが低いと言われています

スピーキングとリスニングはGeneralもAcademic モジュールも共通です。

つまりライティングとリーディングでAcademic モジュールの方が難易度が高い問題がでるということになりますね。
ゆう
ゆう

IELTS対策のコツ

Listeningのコツ

リスニングパートは会話文などを聞いて40問の設問に答えるというもの。

ちなみにIELTSはイギリス英語がメイン。でも受けた感じだとそこまでめちゃくちゃ強いアクセントはなかったです。
ゆう
ゆう

先ほど言ったように、リスニングはGeneralもAcademicも共通なので、

問題のレベルもそこまで高くありません

ただ気をつけるべき点は、

IELTSはTOEICのようにマーク式ではありません。

なのでリスニングでも答えを記述することになります。

ゆう
ゆう

英語コアラ
英語コアラ
え!?そんなタイプの英語の試験初めてだよ。。

とにかくまず問題をちゃんと聞きましょう。

答えるときに、数字で書くように言われているのにアルファベットで書いたりしないようにしましょう。

あと答えがわかっても、スペルがちゃんと書けないと当然ながらだめです。

しかも、地味にスペリングがやっかいな単語をあえて出してきます。

僕は日頃から書いて覚えるタイプですが、それでも、え?これって。。となった問題も数問ありました。

ゆう
ゆう

なのでカナダに限らずですが、将来海外移住を考えられていて、

IELTSを受ける予定がある方は、英語は書いて勉強した方が絶対に良いです。

 

【これでもう忘れない!】英単語をどんどん覚えるオススメの方法【実践済み】

 

IELTSは問題用紙にメモをとることができるので、

重要なワードは丸をつけたり、下線を引いておきましょう。

ゆう
ゆう

人にもよりますが、

最後に与えられる10分にまとめて解答用紙に答えを書き写すタイプの人と、

余裕がある人は合間合間に解答用紙に答えを書く人もいます。

IELTSに慣れていない方は問題用紙の方にすべてメモをしておいて、あとから10分間のあいだに全部書き写すことをオススメします。
ゆう
ゆう

Readingのコツ

Readingもリスニングと同じく40問。

TOEICと違う点は、IELTSは長文を読んでその内容が理解できていればスコアは簡単にとれるということ

穴埋めタイプの問題ではないので、

文法が苦手という方でもスコアは伸ばせます。

ゆう
ゆう

リーディングに関しては、

とにかく日頃から英語の長文を読んでおくこと。

内容もAcademic モジュールの方は難しいですが、

移民に必要なGeneralモジュールのリーディング問題は

対策さえできていればスコアはとれます。

 

Writingのコツ

ライティングはリーディングと違い、

かなり時間をかけて特訓が必要なパートです。

ゆう
ゆう

制限時間の60分以内に、

Task 1 で150語以上、Task 2で250語以上のエッセイを書くというもの。

数字だけでみると、大したことなく感じられるんですが、

本番では、構成を考えたあとに、鉛筆で手書きするので、

思っている以上に時間がとられます。

ゆう
ゆう

あとパソコンでタイプすることに慣れている方も、

準備期間は絶対に手でノートに書いて覚えましょう。

英検のライティングもそうですが、

まずは参考となるサンプルの解答などを見て、どういう組み立てが最適なのかを覚えていきます。

過去問になるべく多く目を通して、どんな出題パターンが多いのかを把握します

僕の場合は、中学のころからとにかく英語を書いて覚えてきたので、

IELTSのライティング対策はむしろ英検を受けていたころを思い出すかのようでした。

ゆう
ゆう

実際にしたことは、

模範解答を実際にそのまま書いて、よく使われる単語や文の長さの感覚を覚えました。

(これくらい書いたらだいたい何文字だなという感じです)

構成に関していえば、ざっくりとパターンはありますが、

参考とするエッセイの例もわりとばらばらなので、

自分が書きやすいパターンのエッセイを探されるのが一番良いと思います。

これを毎日繰り返していくと、

どういう風に文をつなげたら評価されるのか、どういう単語が頻繁に使われているのかがわかってきます。

それを最低でも1ヶ月くらいは繰り返して、ライティングに対する苦手意識を無くしていきましょう。

ゆう
ゆう

そんなに書くのはめんどくさいとおもうかもしれませんが、

ライティングで得点をあげるためには避けて通れない道でもあります。

あと本番では鉛筆で書くので、練習をするときもなるべく鉛筆を使いましょう。

思っている以上にシャーペンと書き心地が違います。この感覚に慣れておくことが大切です。

英語コアラ
英語コアラ
鉛筆なんてもう何年も使ってないもんねー。。

自分の書く文字がどれくらいの大きさで、これくらいセンテンスを書いたら、

おそらく何文字くらいだなとわかるようになればしめたものです。

これを繰り返して、パターンが頭に入ったら、

実際に自分で書いてみます。

これを最低一ヶ月続ければ、Task1は特に問題なく書けるようになります。

本番でつまったとしても、「参考にしてきた模範解答は、ここでは、この単語を使って文と文を繋いでいたな」というように、つまってもすぐにリカバーできるようになります。

Speakingのコツ

スピーキングも最初は模範解答を覚えて、対策をします。

ですが、TOEFL ibtやCELPIPのようにパソコンに向かって話し続けるタイプのスピーキングではなく、実際に目の前に人がいるので、かなりやりやすいです。

あとちなみに受ける国にもよりますが、僕がバンクーバーで受けていたときは、

面接官はほぼカナダ英語で話してくれました。

ゆう
ゆう

おなじIELTSでも北米英語圏で受けることで訛りがゼロに近い英語でスピーキングをすることができます。

スピーキングのコツとしては、ライティングと同じように、フォーマルに話すと良いとされています

英会話に慣れている人ほど、フランクに話してしまいがちですが、

試験なので、友達と話す感じではなく、フォーマルな英語でゆっくりと落ち着いて話しましょう。

ちなみにスピーキングの内容は簡単で、特に最初の方は身近な話題をかなり聞かれます。

なので日常してることを英語でだれかに伝える練習をしておくとかなりスムーズに進めることができます。

ゆう
ゆう

以上がIELTS General モジュールの準備編です。

IELTSのGeneral モジュールは他の試験に比べて、良いスコアがとりやすい試験なので、

しっかりと対策していけば、問題ないかと思います。

短期間で何度も受けるとお金ももったいないので、なるべく準備ができてから受けたいですね。

ではあなたが良いスコアをとれますように!!

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、ゆうです! 現在カナダに暮らしています( ワーホリ→ワーク→永住権取得2017年) 英語とヨガ、オーガニックが大好きです! 何か質問等ございましたら、いつでも連絡ください!