必見!! カナダワーホリの滞在を上手に伸ばす裏技【ワーホリビザを無駄にしない方法】

こんにちは、ゆうです(Yu_in_canada)。
今回はカナダでのワーホリ滞在期間を上手に伸ばす裏技についてご紹介します。
ゆう
ゆう

ワーホリをしていると、よく耳にするのが
「1年って本当にあっという間だったなー」と言うコメント。

僕も1年のワーホリの期間はすぐに過ぎました。

ですがそのワーホリの期間を伸ばす方法があります。

この方法をあとになって知ったら、もっと早くに知っておけばと悔やむ方も多いのでは。

カナダワーホリの滞在を上手に伸ばす裏技

ワーホリの現状

おそらくほとんどのワーホリに来られる人は、
到着後3ヶ月~4ヶ月学校に通われると思います。

これがどれだけもったいないことか..

ワーホリビザはカナダの場合、1年しかないんです。

ゆう
ゆう

そのうち、長い人だと6ヶ月も語学学校に通うひともいます。

そうすると、もう学校が終わった時点で、残りのワーホリビザは6ヶ月しかありません。

リアルな現状をいえば、

ワーホリが残り6ヶ月を切って、雇ってくれる雇用主はかなり限られます。

ゆう
ゆう
英語コアラ
英語コアラ
え?そうなの!?

もちろん、0ではないでしょう。

ジャパレスはワーホリビザが短くても、
日本語が話せるというメリットが日本人にはあるので、雇ってくれるところもあるかもしれません。

ですが、同じタイミングでワーホリが丸々1年残っている人がおなじジャパレスに申し込んだら、

当然そちらの方をオーナーは選びますよね?

大事なのは、ワーホリをいかに長く残した状態で仕事探しに入れるかです。

観光ビザをうまく使う裏技

今回、僕がオススメするのが、

観光ビザをうまく使う方法です。

ゆう
ゆう

カナダの場合、観光ビザで6ヶ月滞在が可能です。

日本人が観光ビザをとる場合は、ビザなしでカナダに入国すれば、
スタンプが押され、その日付から6ヶ月間が滞在可能。

この期間は働くことはできませんが、
6か月以内であれば学校に通うことができます。

つまり語学学校やESLに通うことができるのです。

そしてこの方法であれば、最初の6ヶ月をフルに英語の勉強にあて、
接客英会話などを伸ばして、
ワーホリに切り替えたあとの1年をまるまる働くことに集中できます。
ゆう
ゆう

ワーホリビザが長ければ長いほど、有利です。

正直英語力にそこまで自信がなかった僕の友達も、
この方法を使って英語力をまずカナダで高めて、
ワーホリが1年まるまるある状態で仕事探しをしたので、すぐに雇われましたし、
僕もカナダにきて、学校に行かなかったので、速攻で雇ってもらえました。
ゆう
ゆう

この方法を使えば
6ヶ月+ 1年で18ヶ月カナダに滞在することができます。

カナダワーホリは実は簡単に取れる

でも「ワーホリは抽選じゃん」と思ったあなた。

そうなのです。

ですが、抽選と聞くと不安になられるかもしれませんが、

申し込みのタイミングさえ間違えなければ、ほぼ間違いなくもらえます。

(2018年までは少なくてもそうです、今後ルールが変わるかもしれませんので、自己責任でお願いします)

理由はカナダのワーホリの日本人に割り振られた枠が6500人と多いからです。

タイミングとしては、その年の募集が始まる前の年のだいたい11月、もしくは12月ごろから4月ごろまでに申請すれば、

ほぼ確実に招待を受けることができます。

観光ビザを使う方法は2通りある

一つは先にワーホリの抽選に受かったあとに

ワーホリビザをすぐ使わず観光ビザで入国する方法

もう一つはワーホリの申請はカナダに来たあとにやる方法です。

ただ、どちらの方法も観光ビザからワーホリビザに切り替えるためには、国外に一度でることになりますが、

それもアメリカと国境を接しているカナダでは難しくないです。

僕もアメリカのボーダーにはビザ切り替えのために何度か行きました。。
ゆう
ゆう

観光ビザでカナダに入るときは、

eTAの申請ができていればいいだけなので簡単ですしね。

 

カナダに旅行や観光ビザで行かれる方はeTAをお忘れなく。

 

ワーホリに受かったあとに、観光ビザで学校に通うと言って入国する場合

メリット

ワーホリはとれているので、抽選や申請の不安がない。

デメリット

ワーホリビザの承認を受けていることを入国審査官に指摘される可能性が少なからずある。

このリスクをとりたくない方は、2つ目の
ワーホリの申請自体をカナダにくるまでせず、
カナダ国内からワーホリの申請する方法がおすすめ。

カナダ国内からワーホリの申請する方法

さきほどいったように、タイミングを間違えなければ、ワーホリビザはとれます。

申請してから、ビザがおりるまでは1~長くても3ヶ月程度

メリット

入国審査官にワーホリの承認がおりていることを気づかれたりしない (実際申請を入国の時点ではしていないので)

デメリット

カナダに滞在しながら、ワーホリの申請を行うことになる点。

どちらのケースにせよ、観光ビザで入る場合、唯一デメリットがあるとすれば、

不要であっても往復分の航空券を用意する必要がある点ですね。

ただこれも調べればわかりますが、

実際は片道も往復も、3割から、場合によっては2割ほどしか違いはありません。

 

学生ビザはどうなの?と思っている方へ

なぜ僕が学生ビザではなく観光ビザをオススメしているか。

理由は学生ビザの申請は複雑で、時間がかかること。

さらに学生ビザ申請にはお金がかかるので、結局観光ビザの片道分を無駄にしたとしても、
たいしてかわらなくなること。

そして、観光ビザでも学校に通うことができること。

観光ビザならeTA分 $7を払うだけでこれるからです。

 

限界までリスクを下げつつ、カナダに長期滞在したい場合

今紹介した方法の逆に、ワーホリから観光ビザに切り替えることもできます。

リスク面で考えると、この方法が一番リスクは少なめ。

ただ、ワーホリ後に6ヶ月就労ができないビザで滞在するにはある程度資金がないといけませんので、

お金に余裕があって、もっとカナダを見てみたいし、勉強したいと思われる方はこちらを試してみましょう。

ワーホリが切れる2ヶ月前ごろから余裕を持って、観光ビザを申請しておけば大丈夫です。

観光ビザで入国する際の注意点

まずは滞在先を決めておきましょう。入国審査官に聞かれたときのためです。

滞在先が決まっていないでは怪しいですからね。

ご友人の家などで大丈夫です。

あと一応保険には入っておきましょう

観光ビザ中に通う学校については、日本からでも、カナダについたあとに
見学をしたあとでも申し込みができます。

今回紹介したこの方法は、なるべく長期でカナダに滞在したいという方向けの方法です。

僕が就労ビザだったころに、ワーホリをしていた友達が実践していた方法ですので、
ぜひ参考にしてくださいね。

カナダに留学/ワーホリにでる前に準備しておいたほうが良い10のこと【後悔しない】

では。

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、ゆうです! 現在カナダに暮らしています( ワーホリ→ワーク→永住権取得2017年) 英語とヨガ、オーガニックが大好きです! 何か質問等ございましたら、いつでも連絡ください!