英語に出会う前の僕【英語が180度変えてくれた僕の人生】

こんにちは、ゆうです(Yu_in_canada)。

今回は英語に出会う前の僕、そして英語が僕の人生をどれだけ変えてくれたかについてお話しします。

ゆう
ゆう
英語コアラ
英語コアラ
あー、気になってたんだよね。なんでそんなに英語が好きになったの?

英語が180度変えてくれた僕の人生

英語に出会う前の僕

英語をちゃんと勉強しはじめたのは中学に入ってから。

それまでは特に好きな教科もなく、

日記を書くのが好きだったくらい。

ゆう
ゆう

かなり内気で、決してクラスで手をあげて発表するって言うタイプでもなく、

むしろネガティブ。

小学校のころは、とにかく暗かったですね。

英語と出会った中学時代

僕の人生を変えたのは英語との出会い。

英語の最初のクラスって、アルファベットを習うじゃないですか?

あの時に、あーこれだなってピンときたののをいまでも覚えています

当時Avril Lavigne(カナダ出身の女性シンガー)をテレビで見て、

衝撃が走りました。めちゃくちゃかっこよく見えたんですよね。

特に “Complicated”っていう曲の歌詞が。

何でそう思ったのかは今でもわからないけど、

聴きながらあーこの世界に行こうって思ったのを覚えています。

ゆう
ゆう

それからすぐに “Let go”って言うAvril Lavigneのアルバムを買って、

とにかく聴きまくりました。

高校でのオーストラリア留学

僕は高校時代に初めての海外を経験しました。

オーストラリアのブリスベンの高校に交換留学。

一言で言います。

「こんな世界が僕の知らないところにあったのか!?

すべてが違ってみえました。

当時の僕は全然英語も喋れないし、ホストファミリーが話してくれることも

ほとんど理解できてなかった。

でももうスイッチが入ってしまったのです。

ゆう
ゆう

そして英語でコミュニケーションがうまくとれない僕に、ホストマザーが

CDを焼いてくれました。

その中に入っていた曲、

中でも僕が人生で一番好きな曲Vanessa Carltonの “A thousand miles

この曲を常に聞きながら、

ホストファミリーにまたいつかあいにいくために勉強を頑張ろうと決めたのでした。

英語に出会ってから他の勉強も楽しくなった

例えばビジネスの勉強。

大学時代に、アメリカに留学して勉強していたビジネス。

そしてそのままビジネスの勉強が好きになって英語でMBAをとりました。

お世辞にもあの頃の勉強は楽じゃなかったです。

あまりこんだけ勉強したとか言いたくないですけど、

アメリカ留学中とMBAをとってる時は人生で最高にきつかったです

でもビジネスも多分日本語だったら全く興味がなかったと思います

TOEIC900点を大学3年で超えた理由【アメリカ留学を振り返って】

同じように今カナダで勉強しているプログラミングも、

英語でコースをとっているからすごく楽しいし、

こうやって僕の人生は英語に出会えたから、

様々なチャンスをもらえてきたと思っています。

僕から、今学生のみなさんにメッセージがあるとしたら、

英語を勉強しておけば本当に可能性は広がりますよ

特に若いうちに英語を勉強しておくことは超大切です。

留学するならできるだけ早いほうが絶対いい理由【実体験】

というのも、ほんとに好きじゃないことを就活のため、

周りや親のためにやっていこうとすると、絶対どこかで迷いがでます。

これから先の日本の問題を考えても、何かあったときに英語で生きてけるかどうかで

大きな差がでます。

なぜ僕は日本を脱出したのか【日本が危ない】

いまは将来が不安で当然、だけど手は止めないこと

僕がいま16歳に戻ったとして、果たして将来カナダで永住権をとって、

現地の企業で英語オンリーで働けいてるって、信じられたかというと絶対Noです。

でも高校の卒業文集にははっきりそう書いてあったのです。

好きなことじゃなかったら何十万時間という時間を投下して、

必死に勉強するなんて無理ですからね。

なのでこのブログでは英語が好きな人やワーホリや留学に来られる人、

永住権を取りたい人のために、少しでも参考になるような記事を書いていくので

ぜひ参考にしてみてください。

では皆さん頑張っていきましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、ゆうです! 現在カナダに暮らしています( ワーホリ→ワーク→永住権取得2017年) 英語とヨガ、オーガニックが大好きです! 何か質問等ございましたら、いつでも連絡ください!