英語が簡単と言い切れる5つの理由【英語が難しいなんて勘違い】

こんにちは、ゆうです(Yu_in_canada)。

今回はなぜ英語が他の言語に比べて簡単か説明します。

ゆう
ゆう

英語が他の言語と比べて簡単な理由

動詞の変化が極めて少ない

僕は大学の時に2年間スペイン語を習ってましたが、英語の比にならないくらい難しかったです。

スペイン語は主語に応じて動詞が様々に変化するからです。

ゆう
ゆう

英語の場合はそれがありません。三人称にsをつけるだけと超シンプル。

しかしスペイン語の場合は、動詞だけをとってみても、主語によってこれだけバラバラに変化します。

hablar(話す)

1人称単数 hablo

2人称単数 hablas

3人称単数 habla

1人称複数 hablamos

2人称複数 hablais

3人称複数 hablan

 

これめちゃくちゃ難しいです。

英語コアラ
英語コアラ
え!?誰が話してるかを見極めて、動詞の形を変えるってこと?しかも動詞の変化を6個分覚えていないといけないってことになるよね!?

テストなどで考える時間があれば、じっくり考えて答えられますが、すらすら会話で話すなんてできません。。

この点からも、英語には他の言語にあるような主語に合わせた動詞変化がほとんどないので、簡単です。

敬語表現が圧倒的に少ない

英語に敬語表現というのは極めて少ないです。

日本の英語教育の中では、英語には敬語があると教わりましたよね?

ですが、カナダで6年間現地企業でカナダ人とずっと働いてきた経験からいっても、

実際のビジネスの場であっても敬語なんて誰も使っていません。

ゆう
ゆう

僕だけじゃなく周りのカナダ人もスーパーバイザーやマネージャーに対しても、

話し方は同僚に話す時とほぼ同じ。

名前を呼ぶときもボスであっても、ファーストネームだけで呼び合います。

僕はまだ日本人の縦社会の感じが抜けなくて少し丁寧に話しますが。。

もしボスに対して毎回Could you please〜?なんて言っていっていたら、逆にその話し方やめろと言われます。

ゆう
ゆう

逆に日本語では尊敬語や謙譲語があったり、

実際の日常の生活でもビジネスの場面や接客の場面でも敬語が出てきますよね。

日本語を習っているカナダ人の友達に聞くと、

やはり彼らにはそもそも敬語の文化がないので、

日本語の敬語を勉強していても、使うタイミングがまずわからないといいます。

ゆう
ゆう

つまり敬語表現を常に意識してしゃべらなくて良い英語は、

それだけ簡単なのです。

英語コアラ
英語コアラ
なるほど!日本語を勉強する人たちは大変だね。。逆に英語を勉強してる人たちは楽だねー。

助詞の違い

助詞とは、「~は」、「~が」などです。日本語の場合、単語と単語の間を助詞が繋ぎますよね。

英語の単語と単語の間にはそれがありません。あるのはスペースです

これも先ほどと同じ僕の友達の例を話すと、

助詞がそもそもない英語で育ってきた人からすると、助詞がそもそもわからないのです。

英語にもし日本語のような助詞があったら、相当苦労していたと思います。

ゆう
ゆう
英語コアラ
英語コアラ
じゃあ英語はどうやって助詞の代わりをしているの?
英語の場合、助詞のかわりに語順を使って表します。

説明していきますね↓↓

ゆう
ゆう

英語は語順が決まっている言語

例えば日本語の場合だと、

主語や目的語を入れ替えてもいくらでも文章が作れてます。

「私は4時にチョコを5個買いにいきます」

「4時にチョコを5個私は買いに行きます」

ですが英語ではこれができません。

どちらの文も英語で書くと、

I am going to buy 5 chocolates at 4.になります。

“At 4”が前にでることも、”5 chocolates”が前にでることはありませんよね。

でも日本語ならできます。

英語は5文型の型がぎちぎちにある言語だからです。

 

英語コアラ
英語コアラ
なるほど、たしかに、もし英語に助詞があって、日本語みたいにいくらでも変化できる言語だったら、

そりゃ覚える方は大変だね。。

さらに文型が決まっていることにはメリットがあります。

それは聞きやすさです

よくTOEICのリスニングで疑問文の最初に気をつけて聞け!って言われますよね。

あれは英語の場合、文章の最初にWhere/When/Which/Who/What/Howという

疑問詞がでてくるという型がある言語だからできる対策です。

日本語だとそうはいきません。

ゆう
ゆう
英語コアラ
英語コアラ
たしかに。。英語って実は他の言語よりすごい簡単だったんだね。。

 

僕が英語を短期間でマスターできた唯一の方法【オススメ】

 

使うのはアルファベットだけ

英語で使うのはアルファベットだけです。

日本語ですと、ひらがな、カタカナ、漢字をまず全部覚えないとダメですよね。

そしてそれが文章の中でごちゃごちゃになって出てきます。

でも英語ででてくるのはアルファベット26文字だけですよ。

 

まとめ

英語が簡単な理由

敬語表現が日常生活ではほとんどいらない

助詞がない

5文型のパターンしかない

動詞変化がほとんどない

アルファベットしかない

以上が英語が他の言語に比べて、圧倒的に簡単な理由です。

英語が難しいとおもわず、楽しんで勉強してみてくださいね!

 

【これはまずい!】日本の英語教育が抱える深刻な4つの問題点と共通テストへの課題

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、ゆうです! 現在カナダに暮らしています( ワーホリ→ワーク→永住権取得2017年) 英語とヨガ、オーガニックが大好きです! 何か質問等ございましたら、いつでも連絡ください!