英語を話せる人は◯◯をトレーニングしている【独立回路説とは?】

こんにちは、ゆうです(Yu_in_canada)。

今回は日本語と英語を処理する脳の部分の違いについて紹介し、またそこからどのように英語を学習していくとスムーズなのか説明します。

ゆう
ゆう
英語コアラ
英語コアラ
日本語脳と英語脳って本当にあったんだねー!!

英語を話せる人は◯◯をトレーニングしている【独立回路説とは?】 

僕は大学時代に、英語脳について勉強していました。

外国語大学に通っていた僕ですが、なぜ海外留学を経験した友達の英語力が

驚くほど伸びているのかずっと気になっていました。

ゆう
ゆう

英語脳を継続して保つことが英語力を上げる最大のカギ

浜松医科大学の植村教授の実験でもあるように、

日本語を話す場合と、英語を話す場合では

脳の違う部分を使ってるという

有力な説があります。

「独立回路説」と呼ばれているものです。

この説にあてはめると、英語脳を徹底的に鍛えるためには、

日本語で物事を考えている状態とは全く違う、

英語のみの環境を作り出す必要があります。

ですが日常の大半で

日本語しか使わない日本での生活では、

英語脳を育てることは大変難しいのです。

日本語脳で英語を勉強しても英語力はなかなか上がらない

日本で英語を勉強する場合、

ほとんどが日本語脳を使って、日本語の解説を見たりしながら、

英語を勉強しているのです。

ゆう
ゆう

これでは英語脳が完全に刺激されていません。

英語コアラ
英語コアラ
なるほどー、日本語脳で英語を勉強してたのかー僕は。。

英語脳を鍛えるには、完全な英語環境に身を置くこと

英語力をあげる最大のコツは

英語脳をフルに使う環境にできるだけ長く、身を置くことです。

そしてそれが一番手っ取り早くできるのが留学です。

ゆう
ゆう

僕もアメリカのワシントン州に1年間の留学を経験しましたが、

その間、日本語を使ったことはほとんどありませんでした。

課題やプレゼンの準備が鬼のように忙しく

寝るひまもなかったので、日本語を使ってなにかをする余裕すらありませんでした。

ですが、留学がはじまって数ヶ月後には

英語で話すほうが楽になり始め、

後半では何十回と提出したレポートのおかげで

ライティングも楽に感じられるようになりました。

これが英語脳を鍛えるということなんだなと思いました。

日本で英語脳を鍛えるには?

日本で完全なる英語環境を作ることは難しいですが、

一人暮らしなら、努力次第である程度の英語環境を作ることはできます。

ゆう
ゆう

携帯、テレビ、パソコンまで全て英語で設定します

英単語を調べる時も、英英辞書を使います

もちろん日本語のテレビなどは一切見ません。

そしてこの英語脳を使っている時間をなるべく長くすることで、

英語脳を刺激し続けて、育てていくのです

 

英語力を劇的に向上させたスキマ時間の使い方【公開】

 

さらに僕が当時やっていたのは、

外国人の留学生と積極的に絡んで一緒に住んだり、日本語を話さないボランティアに参加したり、

アルバイトも英語でできるものをしていました。

ゆう
ゆう

そしてアウトプットに特に力を入れていました。

日本にいるからといって、できないことはないと思ったからです。

 

日本にいながら無料でスピーキング力を一気にあげた、ただ一つの方法【オススメ】

 

ですが、日本では英語のインプットは自分次第で英語オンリーにできても、

アウトプットで常に英語を話すという環境は

日本人が周りにいる以上、作りにくいのです。

そしてそれらをすべて考慮すると、やはりオススメは

留学です。

ゆう
ゆう

長時間英語脳をフルに使用することが求められ、

同時にテストやプレゼンなどアウトプットの機会が多くあります

英語力を上げるために必要なのは、

日本語を話すという環境から自分を切り離して、

最初は不快かもしれませんが、その環境に自分を慣れさせることです

その良い例が日本語を話すようになった子供が、
海外転勤などで英語圏の学校に転校したとしても、すぐに英語をマスターしますよね。

あれは大人のように日本語脳で英語を勉強しているのではなく、英語脳を最短で鍛えているので、

英語で考え、英語でイメージし、すぐに英語を話せるようになるのです。

ゆう
ゆう

なぜ日本語を話しながらだと、英語力は伸びにくいのか

僕にも経験がありますが、ロスに留学していたときは、周りに日本人の方が多くいました。

その時は僕も10代で、日本語をしゃべりながら留学をしていました。

結果としてその留学では英語力を上げたと言う感覚はほとんどありませんでした。

ゆう
ゆう

理由は先程言ったように日本語をしゃべっていたので

英語脳を全く刺激できなかったからです

このケースのように海外にいても、ワーホリなどで、日本語を話し続けていると

英語脳はなかなか育ちません

 

ワーホリしても英語が話せないひとの2つの特徴【対策紹介】

 

英語脳を引き出す方法を覚えている人は英語力が落ちない

僕の大学にいた海外長期留学経験者には

2つのタイプがあって、

一つは英語力がまったく落ちないタイプ。

このタイプの友達は、留学中も日本人が少ない学校にいき、

日本でも留学生などと積極的に交流して、英語脳を保っていました。

ゆう
ゆう

逆に留学をしても、日本人が多い学校に行き、

帰国後、英語を話さない環境に身を置いた友達は、

英語脳を使うことが減ったので、大学の3、4年生になるころには

英語を話していても、僕が最初に出会ったころより

明らかにスピーキング力が落ちていました

このことからも言えるのは、

まず留学、もしくは徹底した英語環境を作りあげ、その中に身を置き、

英語脳を鍛え、

その後、英語脳を使う環境を日本でも積極的に作れたひとが

英語力を保っているということでした。

どのような留学がオススメなのか?

僕のおすすめは、

なるべく日本人が少ない高校や大学への留学です。

もちろん大人になってからでもこの方法で英語脳は鍛えられます。

ゆう
ゆう

要は、英語が話せない、苦手だと思われている方は

日本語で思考することになれているから

英語が出てこないわけなので、

それを無理やりでも、英語でやるように変えてしまえばいいのです

もちろん最初は大変です

それはどんな英語がペラペラなひとでも同じで、

みんな留学当初は血の滲むような苦労をしています。

ですが、英語脳は一旦鍛えあげてしまえば、

こっちのものです。

ゆう
ゆう

英語の回路が脳にしっかりできれば、

英語への苦手意識が消えるので

自然と洋画を見たり、ネイティヴと話したり

英語が好きで、得意であるという状態までもっていければ

英語力ががたんと落ちることはありません。

英語脳を鍛えるまでは大変ですが、

そこから人生ががらっと変わりますので、

最初は苦労することを知った上で、

ぜひ、留学や英語環境を作り上げることをまずはやってみてくださいね!

 

長期留学でお金を節約する裏技【必読】

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、ゆうです! 現在カナダに暮らしています( ワーホリ→ワーク→永住権取得2017年) 英語とヨガ、オーガニックが大好きです! 何か質問等ございましたら、いつでも連絡ください!