カナダでの感じた6つのカルチャーショック【むしろカナダが好きになった】

こんにちは、ゆうです(Yu_in_canada)。

今回は僕がカナダで体験した6個のカルチャーショックをお伝えします。

ゆう
ゆう
英語コアラ
英語コアラ
おー、おもしろそうだね!カナダに興味あるから参考にするよ!

カナダで感じたカルチャーショック

日常で使う単位が違う

カナダでは日常使われる単位が日本とは違います。

重さの単位が違う

スーパーではg(グラム)の代わりに、lb(パウンド)が使われます。

1 lb = 453.592g 

カナダのスーパーではlb(パウンド)が使われているので、

グラム表示と比べると、かなり安く感じます。

レジで支払ったあとに、なんでこんな高いの!?とならないように、気をつけましょう!!

ゆう
ゆう
英語コアラ
英語コアラ
これは慣れるまで時間かかりそうだなー。。

長さの単位が違う

長さは、cm(センチメートル)ではなく、inch(インチ) 

1 inch= 2.54cm

またはfeet(フィート)よく使われます。

1 feet = 30.48 cm 

気温の表記も違う

気温の表示は日本と同じ、摂氏 (℃/Celsius)ですが、

時にアメリカで使われている華氏(℉/Fahrenheit)でニュースなどは表示されているときもあるので

覚えておきましょう。

0 ℃ = 32 ℉となります。

英語コアラ
英語コアラ
うわー、これは慣れるまで時間がかかりそうだね。

赤信号でも右折は可能

これはアメリカも同じですが、

赤信号で右折レーンにいるときは

一旦停止をして、左からくる車や歩行者を確認してOKならば右折することができます。

英語コアラ
英語コアラ
えー!?そうなんだねー。
僕も免許をとるときに苦労しました。

走るレーンもハンドルも逆なので、日本でずっと運転してきた方は、

すぐにカナダで運転しないほうがいいかもです。

ゆう
ゆう

運転に関していえば、

ワイパーやウインカーも逆

スクールゾーンでは確実にスピード落とさないと捕まる

ありがとうのハザードは出さないほうがいい

なども気をつけてくださいね。

国内に時差がある

カナダには国内にも時差があり、

タイムゾーンはカナダに6つあります。

(西から東へ)

太平洋時間→山岳部時間→中部時間→東部時間→大西洋時間→ニューファンドランド時間

西側のバンクーバーから東のセントジョンズまで4時間半の時差があります。

太平洋時間(バンクーバー・ビクトリア・ケロウナetc)

山岳部時間(カルガリー・エドモントンetc)

中部時間( マニトバ・レジャイナetc)

東部時間 (モントリオール・トロント・オタワetc)

大西洋時間 (セントジョン・ハリファックスetc)

ニューファンドランド時間(セントジョンズetc)

バンクーバーが朝の7時だと→カルガリーが朝8時→マニトバが朝9時→トロントが朝10時→ハリファックスが朝11時→セントジョンズが朝11時半となります。

英語コアラ
英語コアラ
へー、バンクーバーとトロントでも時差があるんだねー。

街にゴミ箱が多い

日本では防犯上の理由で、コンビニや自動販売機の周りくらいにしかない自動販売機。

しかし北米では通りの至る所にゴミ箱が設けられていて、

そのおかげでポイ捨てなどする人はほとんどいません。

ゆう
ゆう

逆に日本を訪れた外国人が口を揃えて言うのが、

日本にはゴミ箱がなくて不便だということですね

自動販売機は驚くほどあるのに

ゴミ箱の数があってないっていう現状ですね。

 

日本に一時帰国したときのあるある!【経験談】

 

公共の場にあるトイレットペーパーが異常にでかい

公共の場にあるトイレットペーパーのでかさが尋常ではありません。

しかもでかいのに、さらに壁に対して平行にトイレットペーパーが出るようになってるので非常に取りにくいです。

家やアパートのトイレットペーパーは日本と同じ向き・サイズなんですが、

公共のトイレでは少々苦労されるかもしれません。

ゆう
ゆう

トイレットペーパーが大きいのは、持ち帰られるのを防いだり、

補充するのを楽にするためですが、

公共のトイレットペーパーはかなり薄いので、それを破らないように、巻くのは未だになれませんね笑

英語コアラ
英語コアラ
トイレットペーパーでも苦労するかもしれないんだね笑

ちなみにこのトイレットペーパーの写真をみてもらえればわかるかと思いますが、

足元にかなりの隙間がありますよね。

外からだいぶ見えるという点も最初はびっくりされるかもしれませ笑。

カナダ人が親切すぎる

特に他の国で留学/ワーホリ経験がある方はカナダ人がどれだけ親切かわかると思います。

困っている人がいれば、むこうから助けてくれますし、

知らない人が話しかけてくるなんて本当に日常的にあります。

ゆう
ゆう

 

カナダに留学/ワーホリにくる前に準備をしておきたい10のこと【後悔しない】

 

以上が6つのカナダで僕が感じたカルチャーショックです。

これからカナダに来られる方は参考にしてみてくださいね!

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、ゆうです! 現在カナダに暮らしています( ワーホリ→ワーク→永住権取得2017年) 英語とヨガ、オーガニックが大好きです! 何か質問等ございましたら、いつでも連絡ください!