永住権について、ワーホリ前に知っておけばよかったと思うこと【本音】

こんにちは、ゆうです(Yu_in_canada)。

今回は僕がカナダにワーホリに来る前に永住権について知っておきたかったと思うことを紹介します。

ゆう
ゆう
英語コアラ
英語コアラ
カナダの永住権って難しそうだけど。。どうなのかなー?

永住権について、ワーホリ前に知っておけばよかったと思うこと

ワーホリから永住権をとれる可能性もあるということ

これが僕が1番に知っておきたかったことです。

僕はまさか自分が永住権を取れるとも思っていなかったですが、

それよりもワーホリから永住権につなげられるということを、ワーホリが終わる頃まで知りませんでした。

ゆう
ゆう

実際僕の周りには、ワーホリから直で永住権を取った人もいました。

もしワーホリを始める前から永住権が取れる可能性があるということだけでも知っていれば

もっと効率的に準備をできていたと思います

永住権と言うとものすごい限られた人にしか取れないようなものと言う印象がずっとあったので、

調べもしていなかったことを当時は後悔しました。

最初から知っていれば、永住権を取るスパンをもっと短くできたからです。

ゆう
ゆう

カナダにワーホリだけにくることはもちろん素敵なことですが、

人によってはすでに永住権がとりやすい職歴、学歴、英語力を日本で持っている方もいます。

また就労ビザを出してもらいやすい分野ですでに職歴がある方などはなお有利です。

そのような方に少しでも、ワーホリや学生ビザからでも就労ビザや永住権の可能性はあるということを伝えたくて

この記事を書きました。

知っていることと全く知らずに後になって気がついて急いで準備を始めるのではだいぶ違うので、

ワーホリ前から知っていればといつも思いながら過ごしていました。

ゆう
ゆう

 

【移住を目指す方へ】今すぐ取り掛かってほしい2つのこと!!

 

ワーホリのプランニングが鍵

ワーホリに行く前は1年もあるので、ワーホリ自体にかなり時間的に余裕があると思っていました。

ですが現地につくと実際1年は本当に早く過ぎました

ワーホリに行くから現地で積み上げようという感覚で行くと、

仕事が忙しくなって、勉強する暇もなくなったり、

就労ビザや永住権の準備がそこに入ってくると、本当に寝る暇もないほど忙しくなります。

ゆう
ゆう

ワーホリに行くまでにまだ時間がある方はぜひ英語の勉強と

現地でどう動いていくのかを計画的に事前にプランニングしておくと良いと思います。

ワーホリ前とワーホリ中にとくに心がけてほしいことは、

もし就労ビザや永住権を目指すのならば、

大半のワーホリをしている周りの方とは、全く違った動きをすることになります。

最初からどんな職場でもよいわけではなく、スポンサーを探す必要がありますし、

英語力も空き時間で引き上げる必要があります。

英語コアラ
英語コアラ
なるほどー、まわりのワーホリの人たちと同じようにしててはだめなんだねー。。

 

ワーキングホリデーを無駄にしないための方法【必読】

必見!!カナダワーホリの滞在を上手に伸ばす裏技【ワーホリビザを無駄にしない方法】

 

チャンスは意外とあるということ

僕がカナダに来て知り合った数少ない日本人の方でさえ、

永住権をとっていました。

ワーホリからダイレクトに永住権を取った人を2人知っていますし、

就労ビザを挟んだ人であれば多数知っています。

ゆう
ゆう

今僕が言ったケースは国際結婚やコモンローなどは含んでないので、

単身でも十分にチャンスはあると思います

カナダ永住権の5つのメリットがすごい!!

あきらめない心と行動力が大切

僕がワーホリから永住権を取れる可能性があるということに気がついたのは、

ワーホリがほぼ終わりかけの時でした。

ビザの残りもあと少しで、今思えば諦めて帰国という選択肢もあったのかもしれませんが、

当時の僕には一切そんな気持ちはありませんでした。

ゆう
ゆう

今と比べると当時は個人で永住権を取得したことについて書いているブログは極めて少なくて、

いまはもっと情報を得るのが簡単になっていると思います

僕が永住権について可能性があるかもしれないと思ったのは、たった一つのブログを読んでからでした。そのあと、すぐにコンサルタントにコンサルテーションを依頼し、

自分にも可能性があるのかと言うことを話し合いました。

ゆう
ゆう

そして可能性がゼロではないことがわかったので、無謀にも行動しました。

ワーホリビザの残りが僕のように短くても永住権にこぎつけることができたと言う事は、

行く前からある程度の情報を集めていれば、より有利になります

ワーホリから永住権を目指す場合は、スポンサーになってくれる企業を探すことになりますが、

そのスポンサーシップを得やすくするための努力は日本でもできるからです。

ゆう
ゆう

どの職種でアプライするかによっても変わってきますし、

州によっても必要になる職歴の期間は違いますが、逆に言えば

使えないと思っていたような職歴や学歴が使えることもあります。

僕の場合も、日本での職歴、学歴が考慮されました。

ですので、ぜひ最初から無理だと思わないで、ぜひ可能性がないかを確認してみてください。

まとめ

ワーホリから永住権を取得することは可能

ワーホリから就労ビザをはさむパターンで永住権を取得した人は多い

現地に着いてからだと、学校や仕事に忙しくなるので、

英語の勉強などは日本で早めにしておく

日本での職歴、学歴が考慮されることも多いので確認する

ワーホリビザは永住権をとる場合にはとても有能なビザなので、

旅行がしたいなら観光ビザ、

学校に行きたいなら学生ビザを使い、

ワーホリビザはなるべくフルにかしこくつかうことがオススメ

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、ゆうです! 現在カナダに暮らしています( ワーホリ→ワーク→永住権取得2017年) 英語とヨガ、オーガニックが大好きです! 何か質問等ございましたら、いつでも連絡ください!